~人生を旅するあなたへ~

天秤座満月*希望の光を見失わないで

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

2020年4月8日 11:35

天秤座で満月を迎えました〇

1日遅れですが、満月のチャートを眺めてみたいと思います。

☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

今は、コロナウイルスで外出できない、という方も大勢いらっしゃるかと思います。
今回の星の配置を見ていても、おうち(安全圏)の中にいると安心できる、というようなイメージが湧いてきます。

今回はお昼前の満月、ということで、空の一番高いところに太陽が輝いています。

太陽は、占星術において『その人自身の“生命力”を表す』という風に解釈されますが、今回の満月図、とりわけ太陽は、私たちに「生きる希望を見失わないで」と伝えてくれているような気がします。

今はあまり行動的になりづらいときでもあり、必然的に自分自身に関心が向きやすくなるかと思いますが、今回の満月において、月や太陽も、どちらかというと内向き(内省的)になるところにありました。

否が応でも、考える時間が生まれる時だと思いますが、そういう時こそ、自分が“どういうものに触れるかを決めること”は本当に大切なことです。
もちろん必要な情報を手に入れることは大切なことですが、不安や恐れのエネルギーに触れ続けることは、心を疲れさせてしまいます。
もしも今、不安や恐れにエネルギーを取られてしまっているなら、テレビやSNS等、ネガティブな情報源を、一度シャットアウトしてみてください。

自分の好きな音楽を聴いたり、本を読んだり。
好きな世界に触れて、自分を楽しませてあげてください。

自分自身を光の方へ導くのは自分自身。
それは、自分にしかできないこと。

明るい方へ、幸せの方へ、自分自身を導くサポートを、今、太陽がしてくれています。

自分の内にある太陽の光を信じること。
そして、明るい気持ちは太陽のようにこの世界を照らす、ということ。

大変な今だからこそ、自分自身が「どう在るか」ということを、しっかり考えていく必要があるような気がします。

まい*

この記事を書いている人 - WRITER -
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミチシルベ , 2020 All Rights Reserved.