~人生を旅するあなたへ~

獅子座満月のホシシルベ*「自分らしく輝く」ということの本質

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

2022年2月17日 01:57分頃
獅子座で満月を迎えました○

…と言っても、この記事を書いている今(17日の12時頃)、すでに月は乙女座に移動しているため、満月っぽさというか、心の揺れのようなものは、少し落ち着いてきている頃かなと思います。

ですが、今回の満月のエネルギーは次の魚座新月まで影響を及ぼすので、是非!ページを閉じずに続きをご覧いただけますと嬉しいです~~~~!

☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

月のエネルギー

今回の満月、月がとても目立つ位置にあります。
月だけ一つ、他の天体とは違う色の場所にあるからです。
ある意味「ひとりぼっち」の状態であるともいえるかもしれません。

そういう意味で、特に今日の午前中くらいまでは、気持ちが揺れやすい時間でありました。
昨日、一昨日くらい、心が揺れた方も多かったかもしれません。

そんな今回の満月は、創造性や表現力、自己肯定力などがキーワードの獅子座で起こりました。
獅子座は自ら明るく輝く太陽を支配星に持ち、「自分らしく輝いて生きる」ということがテーマのサインです。

自分の「個」という存在を大切にする。
内側から湧いてくる情熱を表現していく。

獅子座で起こる満月は、クリエイティブなエネルギーに溢れています。
満月は、物事が満ちる、完成などを表すタイミングです。

自分らしさとは何か、ということに一つの答えが出るかもしれません。
また、これまで取り組んできたこと(自己表現や創作活動など)に、何か実りが見つけられたタイミングかもしれません。
反対に、「自分ってなんだろう?私は結局何がしたいんだろう?」というような疑問が湧きあがってきたかもしれません。

何れにしても、「自分らしさ」「自己表現」というものに意識が向くタイミングです。

「自分らしく」のプレッシャー

ただこの星の配置、「さてと!自分の好きなことを楽しむぞ!」というような軽やかに自己表現が楽しめる、みたいな配置であるというよりかは、どこかに「私らしく生きるための何かを見つけなければならないのでは・・・」というような、プレッシャーや重さを感じる配置でもあるように感じました。

周りの人たちが自分の好きなことをやっている姿を見て「私には何もない」と感じてしまったり、
成功している人の輝きと自分自身を比べて落ち込んでしまったり、

何か「自分らしく楽しめること・輝けることを見つけなければいけない」=「そうではない今の自分はダメだ」というような、そんな感覚を感じてしまう事もありそうだなあと、星の配置を見ていて思いました。

ですが、果たして本当にそれらは見つけなければいけないものなのでしょうか?

自分らしく輝く、とは何か

ホロスコープに触れていく中で、私が一番強く感じるようになったこと。
それは、「この世の中には人の数だけ“幸せの形”が存在する」ということ、そして、「生まれた時から既に、人はそれぞれ自分だけの輝きを持っている」ということです。

「自由」が幸せの第一条件だと感じる人もいれば
「安心」が何より大事だと感じる人もいる。

「人前に出て表現する」ことで輝く人もいれば
「誰かや何かのために動く」ことでイキイキする人もいる。

人それぞれ「幸せポイント」も「輝ける場所」も違うんですよね。

でも、その「幸せ」「輝き」の根底にあるものは一緒。
それは、「自分にフィットした場所で、心地よい生き方が出来ているかどうか」ということ。

心地よく、自分らしく。自分のペースで。
自分にとって大事にしたいものは何なのか。
自分にとって居心地の良さって何なのか。

キラキラと輝いている人に憧れ、私もそんな素敵な存在になりたい!と願い、それに向かって必死に努力を重ねてきた私(それが幸せだと思っていた)は、宇宙の法則、そしてホロスコープに出逢い「もしかして、私が幸せに生きるために大事にするべきなのは“自分自身の心地よさ”っていうこと!?」と大きな衝撃を受けました。

SNSを見ると「素敵な生活スタイル」が溢れかえっています。
自分らしく輝いている人って素敵に見えますよね。
でも、だからといってその人のスタイルを取り入れてみても、自分にしっくりこないことってたくさんあると思うんです。
それはその人と自分ではそもそも「心地よさの感覚」も「輝ける場所」も違うから。

大事なのは自分が感じる、自分だけの「心地よさ」。

それを大事にしていくことで、自分だけの輝きを取り戻せるのだと思います。

その第一歩は自分の心の声を聴いてあげるということ。
「疲れたよ」「これが食べたい」「今日はあそこに行きたいな」
そんな、自分の心の声を聴いて、それを実行してあげる。
1日1つでも、そんな風に自分の心の声を聴くことで、少しずつ心地よい毎日に近づいていけるはずです♪

まい*

「なんだか心が疲れたよ~><」というあなたのために、心の処方箋を書きました*
「心の声を聴く?心の声なんてわからないよ・・・!」というあなたにも、きっと何かヒントが見つかるはず*

月星座別になっているので、是非自分の星座を調べながらお楽しみください^^
(月星座が分からないという方も、下の記事内で調べ方を解説しているので、是非見てみてくださいね◎)

月星座が、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座のあなた↓

頑張り屋さんのあなたに贈る。月星座別*疲れた時の処方箋①

月星座が、天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座のあなた↓

頑張り屋さんのあなたに贈る。月星座別*疲れた時の処方箋②

この記事を書いている人 - WRITER -
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ミチシルベ , 2022 All Rights Reserved.