~人生を旅するあなたへ~

頑張り屋さんのあなたに贈る。月星座別*疲れた時の処方箋①

まい*
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まい*
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

毎日の生活の中で、やるべきことにばかり集中していると、漠然とした不安に心の中を支配されたり、私の人生、これでいいのかな?というような不安に駆られたりすること、ありませんか?

無理して頑張り続けていると、心はついていけずに疲弊してしまいます。

「そんなこと言ったって、大人なんだから・・・!」
「私がやらなきゃ誰がやるの!?」

そんな思いで無理して笑顔で頑張っているあなたへ。

占星術の世界からあなたへ、心の処方箋を送ります*

占星術における心=月

まずは、占星術において心を表す月について説明していきたいと思います。
(今すぐ処方箋を読みたい方は、ここは読み飛ばしてくださいね*)

占星術では、月・水星・金星から冥王星までの10の天体を用います。
そのうち月は心を表す天体です。
ちなみに水星は知性を表し、金星は喜びを表し・・・と10の天体にはそれぞれ担当があります。

ですので、心担当の月がどの星座にあるか?を知ると、自分の心の傾向が見えてきます。

月星座と太陽星座のちがい

もしあなたが「私は蟹座!」と思っているとしたら、それはあなたが生まれた時、空の太陽が蟹座にあったということです。

太陽は1年で大体一周ですが、月は約一か月で一周します。
つまり、太陽が蟹座にあっても、月は全く別の星座にある、なんてことも起こってくるわけです!

また、太陽は自分の目指す目標や人生の目的担当。
自分自身の心の部分や、素の部分は月の担当なので、疲れた時には、太陽星座が表すものよりも月星座が表すものに触れる方が断然癒されるのです*

月星座の調べ方

じゃあ自分の月星座をどうやって調べたらいいの?
という声が聞こえてきそうですが!!!

そういうときはこちらのサイト

○生年月日
○出生時間(これがわかったほうが正確な月星座がわかります*わからなければお昼の12時で入れてみてくださいね)
○出生地

を入れて、「月星座をみる」というところを押してみてください。

すると、
あなたの月星座は「○○座」です。

と出てくると思うので、この記事の、出てきた星座の部分を参考にしてみてくださいね*

ただ、時間がわからず12時で入れられた方の中で、
○○座の○○度○○分にありました。
の○○度の部分が、0-8度くらいまで、もしくは22-30度までだったあなた!

もしかすると、隣の星座の可能性もあります。(月は一日に12度くらいずつ進むため、同じ日付でも星座をまたぐ場合があります)
0-8度だったあなたは前の星座の項目、22-30度だったあなたは次の星座の項目も一緒に読んでみてください。
そして、しっくりくるほうを参考にしてくださいね*

さて、月星座調べられましたか~???
では本題に参りたいと思います。

月星座が天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座だった方はこちらの記事をご覧ください♡

頑張り屋さんのあなたに贈る。月星座別*疲れた時の処方箋②

では、牡羊座からスタートです~♪

疲れた心に効く*月からの処方箋

月が牡羊座にあるあなたへ*

牡羊座は、行動的でエネルギッシュな星座と言われています。
牡羊座の月を持つあなたは、いつも何かに向かって夢中で進んでいるかもしれません。
それはもしかすると、‟自分”というアイデンティティを見つけるため、とも言えそうです。

「どこへ向かっていけばいいのかわからない」という思いは、あなたにとって、「自分が何者なのかわからない」ということと同じです。
もしも、そんな不安が心を支配してしまったとしたら、なりふり構わず突っ走っていた勢いはどこへやら、たちまちあなたは肩を落として立ち止まってしまいます。

もしあなたが今、不安を感じていたり、力を失ったように感じていたりするなら
*近所をランニングする・ジムで汗を流すなど、体を動かす
*カラオケに行って大声で歌う(できれば歌いあげる系かパンチの効いた歌)
などなど、エネルギーを大放出させることをお勧めします。
運動したりカラオケ行ったりする時間なんてないよーという方は、大好きな音楽を大音量で聴くのもオススメです。
(耳が痛くならない程度にね!)

牡羊座は火の星座。
本当は自分の内側にたくさんのエネルギー(燃料)を持っています。
そのエネルギー(燃料)を燃やして、身体の中の滞りをすっきりさせてしまいましょう!

月が牡牛座にあるあなたへ*

牡牛座は豊かさや安定を愛する星座です。
牡牛座の月を持つあなたは、生活が安定していることや、“豊かだな”と感じられる環境に身を置くことで心が落ち着くところがあるかもしれません。

そんなあなたにとって、仕事や家事に忙殺される不規則な生活や、行き過ぎた節約は、心が求める安定や豊かさとは程遠い状態です。

もしあなたが今、なんとも言えない不安や、喜びを感じられない心を抱えているなら
美味しいお茶を飲んだり、ちょっとおしゃれなカフェに入ることをお勧めします。
もしくは、小さなものでいいので、自分が「欲しい」と思ったものを買ってみてください。
(コンビニのスイーツでもいいし、ちょっとだけ高いお水やお茶のペットボトルでも構いません*文房具でもいいし、服でもOK)
そして、それを手にしている自分の嬉しい気持ちをしっかり感じてあげてください。

自分へのご褒美、が一番効くのが牡牛座さんです。
ゆっくりお風呂に入る、とか、早めに眠る、とか。
牡牛座さんが不安定になった時はとにかく衣食住を整えること!これに限ります。

月が双子座にあるあなたへ*

頭の回転が速く、軽やかで好奇心旺盛な双子座。
双子座の月を持つあなたは、「いつでもここから動けるんだ」という気持ちが心の安定に繋がるところがあるかもしれません。

双子座は風の星座。
風のようにふわりと、好奇心の赴くままに色々な世界を覗いて回ることができると、あなたの心は安定します。

反対に、「ずっとここにいなさい」と言われているように感じると、途端に窮屈に感じます。
同じ場所にじっとしている、というのは双子座さんにとっては辛い事なのです。

もしあなたが今、何かに縛られている感覚や、重く動けないような気持ちになっているとしたら、
フリーな時間を取ってみることをお勧めします。
できれば1日あればいいけれど、なければ1時間でも30分でも構いません。
気になったお店にフラッと入ってみる。
近くの公園を散歩して、外の風を感じてみる。
タイトルが気になった本を読んでみる。(できれば軽めの本がいいかなぁ)

落ち込んでいる日こそ外に出て、心の赴くまま、足の向くままに歩き回ってみてください*

軽やかさを感じれば、きっと重苦しい気持ちが少し和らぐはずです。

月が蟹座にあるあなたへ*

蟹座は共感力が高く、面倒見のいい星座です。
そもそも月にとって蟹座は、12星座の中で一番縁のある星座なので、月のパワーも強まります。
月は毎日満ち欠けを繰り返していますが、そんな月と同じで、蟹座さんの心も敏感に揺れ動きます。

穏やかに笑っていたと思ったのに、急に激しく怒りはじめる・・・
そんな急激な感情の変化に自分でも戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

もしあなたが今、原因もわからず憂鬱になっていたり、イライラを抱えていたりするなら、
小さな動物と触れ合う時間を大切にしてみることをお勧めします。
もし、そんな時間が取れないとしたら、動物の動画を観るのもいいかもしれません。
彼らはいつでも変わらない愛のエネルギーで生きています。
そんな愛のエネルギーに触れることで、蟹座さんの凝り固まってしまった繊細な心が、優しく解きほぐされていきます。

もしも動物がニガテだったら、お花を一輪買ってくるのもいいかもしれません。
小さな命に触れることが、きっと癒しに繋がります。

月が獅子座にあるあなたへ*

獅子座は、自己表現をすることや目立つことを司る、誇り高い星座です。
百獣の王と呼ばれる獅子をモチーフにした星座ですから、ここに月があると、王のような誇りと気品を持つことになります。

ただし、この誇りと気品が行き過ぎると、「目立ちたがり屋」や「ワガママ」になってしまうこともあります。
もしくは、気高さを大切にし過ぎるが故に、辛い時に辛いと言えないなど、自分の想いを心に秘めてしまいがちになります。

もしあなたが今、何とも言えないもどかしさを感じたり、「誰にもわかってもらえない」という孤独を感じていたとしたら、
まずは「自分で自分を褒める」作戦を取って見ることをお勧めします。

獅子座は自己肯定感をしっかり持っている星座。
けれど、それと同時に「注目して欲しい」という気持ちも強く持っている星座でもあります。

太陽のような獅子座のエネルギーを心に持つあなたは、黙っていても強い存在感を放ちます。
つまり、「注目してほしい」という気持ちを前面に出さなくてもちゃんと目立っているんです。
そんなあなたにオススメなのは、人に認めてもらう前に自分で自分を認めるようにする、ということ。
(これは褒め日記みたいなものを書いたり、一人の時に「今日もよくやったよ~!自分!」なんて声に出してねぎらったりするのがオススメです。)
すると、不思議と人からも褒められるようになり、また自信を取り戻して、持ち前の輝きで周囲を明るく照らしていくことができます。

月が乙女座にあるあなたへ*

乙女座は細やかで緻密な、鋭い感性をもつ星座です。
乙女座は、健康やルーティーンなどを表す星座でもあるため、乙女座の月を持つあなたは、同じ作業を繰り返すことで安心したり、体を健やかに保つことに興味を持ったりするかもしれません。
実際、マッサージ師やヒーラーには、乙女座に星を持つ人が多くいるようです。

ちなみに、星占いで有名な石井ゆかりさんは、

乙女座の月は「月の薬箱」呼ばれ、特別な治療の力を持っているとも言われています。

と、「石井ゆかりの星占い教室のノート」という本に書かれています。

そんな乙女座に月を持つあなたが今、得も言われぬ不安や、足元が危ういような感覚を感じているなら、
目を閉じて自分自身の呼吸を感じてみてください。

地の星座でもある乙女座は、「確かさ」を大切にします。
毎日を一歩一歩「確かに」歩いているという感覚。
自分の携わっていることが「確かに」誰かに役立っているという感覚。
ここで「確かに」生きている自分・・・。

そういう感覚を味わうことが、乙女座の中にある不安を和らげます。
乙女座は健康を表す星座であり、五感を表す地の星座であるため、アロマテラピーのような、五感に働きかけるものや、マッサージ・整体などに行って、自分自身の身体をねぎらうのもいいかもしれません。
神経質になっている心が解きほぐされて、頭の中で抱え込んでいた心配事がふわっと消えていきます。

さてさて、これが私からあなたへの、処方箋です^^
楽しんでいただけたでしょうか?

この中の何か一つでも、疲れたあなたの心を癒すヒントになれば、こんなに嬉しいことはありません。

毎日、人と関わりながら暮らしていると、人に合わせて自分を抑えなければ成り立たないような状況や時間もあるかもしれません。
ですが、自分ひとりの時間・空間では、ちゃんと自分らしさを大切にして、自分の心地よさを優先して、過ごしてほしいな、と切に願います。

たまにはスマホから離れて、自分に戻る時間を作ってみてください^^

いつも本当にお疲れ様です。
あなたの心が、自由に伸びやかに、健やかに輝きますように。

愛をこめて。

まい*

この記事に、月星座がなかったよ、という方はコチラの記事をご覧ください↓

頑張り屋さんのあなたに贈る。月星座別*疲れた時の処方箋②

この記事を書いている人 - WRITER -
まい*
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミチシルベ , 2019 All Rights Reserved.