~人生を旅するあなたへ~

牡牛座新月のホシシルベ*瓦礫の先に見えるもの

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

2020年4月23日 11:26

牡牛座で新月を迎えました●

今回の星の配置は、牡牛座がとても強調されているように感じます。

新月とは太陽と月が空でぴったり重なった瞬間のことを指しますが、今回の新月はそれが空のてっぺんで起こります。
そして、そんな月と太陽に寄り添うように、天王星も牡牛座で輝いています…。

☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

人生の目的に、ガラッと変化が起こりそうな予感です。

これまで追いかけていたものとは全く別のところに、生きている意味を見出すことになるかもしれません。

この変化は、どこか重苦しさやしんどさを伴います。
変化している渦中は苦しくても、変化した先で得られるのは、“自分を信頼する力”。

自分の内側に大きなパワーがあることに気づけたなら、
周りの状況に振り回されないで、自分の道を歩いて行くことができるようになります。

また、相変わらず、働き方や身体・健康という領域で、根底から変容が起こっています。

これまで自分自身を支えてきた“当たり前”が崩れた時に見えてくる、新しい光、希望。

今はまだ、崩れかけたそれらを何とか修復しようとしているかもしれません。
もしくは、瓦礫の中で呆然と立ち尽くしているかもしれません。

けれど、それらがあなたを守っていたと同時に、縛っていたということに気づけたなら。

ここが新しい始まり

崩れた瓦礫を後にして
勇気を出して一歩ずつ

心の声を頼りに歩き始める時

焦らなくてもいい
不安に思ってもいい
悲しければ泣いてもいい

今までいた場所よりも、もっと自由でもっと自分らしくいられる未来が
向こうであなたを手招きしているから

躓いて転んでもいい
疲れたなら途中で休めばいい

心の赴くままに、のびやかに
自分だけの道を、自分のペースで進んでいこう

あなたの歩く道の先には
光り輝く未来が待っているから

☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

それでは素敵な新月の夜をお過ごしください^^

まい*

この記事を書いている人 - WRITER -
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミチシルベ , 2020 All Rights Reserved.