~人生を旅するあなたへ~

自分と人を比べる必要がない理由*

まい*
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まい*
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!まいです*

 

最近星よみセッションをさせていただくのですが、

人のホロスコープと真剣に向き合ってみて、

セッションでお話をさせていただいて、

「本当に、一人ひとり全く違うホロスコープなんだなあ」ということを肌で感じています。

 

そんなわけで今日は、私がホロスコープに出逢って気づいた、

自分と人は比べる必要がない

ということについて、考えてみたいと思います。

 

物事への向き合い方も人それぞれ

たとえば、

人生を変えるには、いますぐ行動を起こすべきだ。

と信じている人がいたとして。

その人は、悩んでいる人みんなに「行動を起こすように」助言をするかもしれません。

その人にとったら、それが成功する絶対的な方法だから。

 

でも、世の中みんながそうやって成功したわけではないですよね。

全然違うことをやってたら、気が付けばその世界に入ってて、そのままそこで成功した

という人もいれば、

たまたま友達に誘われて行った場所で運命的な出逢いがあって、そこから思ってもみなかった世界に飛び込んだ

なんていう人だっています。

 

そうなってくると、誰かの合格体験や成功体験が必ずしも自分にあてはまるわけではないってことですよね。

 

「あの人みたいにパッと動けないから私は成功できないんだ・・・」とか、

「うぉおお!頑張らなくちゃ!早くやらなくちゃ!!!」

なんて必要以上に落ち込んだり焦ったりしなくてもいいんです。

 

どんな方法をとったとしても、

 

*自分にとってしっくりくる

*ストレスなくやり続けられる

*何よりもやってて楽しい!

やり方ができれば、それで良いわけです!

自分にとって当たり前の感覚も、人にとったらそうじゃない

人の会話を何気なく聞いていると、

 

「え!?ありえな~い!」

「人としてどうなの?」

「普通はさー!」

「当たり前でしょ!」

 

っていう言葉を耳にしますが、

よくよく考えてみると、「当たり前とは一体なんぞや?」という疑問が湧き上がってきます。

 

それぞれの家庭環境もあるかもしれないし、

地域の風習だってあるかもしれないけれど、

個人の感覚、考え方の違いはホロスコープにも現れています。

実際、自分と親の感覚って違ったりしますよね。

 

人とのつながりは大切にすべきだ

と考える人もいれば、

自分に会う人とだけつながっていればいいわ

って考える人もいる。

 

また、

人の気持ちは察するべきだ

と思う人もいれば、

気持ちはハッキリ言葉にしないと伝わらない

と考える人もいます。

 

これは、どちらが正しいとか間違っているとかいう話ではなくて、こういう感覚も、人によって違うということです。

しかし私たちは、自分の信じていることが普通、当たり前の感覚で、それは皆に共通のものだと考えていることが多いです。

だから、自分にとっての常識を超えたことをしている人を見ると、

「ありえない!」

と思うわけですよね。

 

でも実際には、 自分と全く同じ感覚を持った人なんていない というのが、本当のところです。

だから人と比べる必要はない

私も、気が付かないうちに誰かと自分を比べていました。

歌のこと、容姿のこと、普段の生活・・・など色々。

 

たとえば身近な例で言うと、妹とのこと。

妹はなんでも器用にこなせるタイプで、物覚えも早いです。

でも、私はコツコツやって、身体に叩き込まないとなかなか入らないタイプ。

だから、「なんで私は、妹のように器用じゃないんだろう・・・」って思っていました。

でも、妹に聞いてみると、

「なんで私はまいのように、コツコツやるってことができないんだろう・・・」

と責めていたと言うじゃありませんか!!!

お互いに、相手と比べて自分が劣っている(ように感じている)面を見て落ち込んでいたのです。

 

ホロスコープに出逢ってから、二人でお互いのチャート(星図)を並べて見てみると・・・

「全然違うやん!笑笑」

ふたりで笑いました。

持っている要素もほとんど正反対で、星の集まっている場所も違う。

 

よく、トマトはナスになれない、とか、

ユリはバラにはなれない、なんて言いますが、まさにそんな感じでした。

 

得意と苦手の関係

そんな経験を経て、今、私が思うことは、

「自分が苦手だ、と思うところは、実は相手の得意なところ」

なのではないか、ということです。

 

逆に言うと、

「なんであの人、あんなこともできないの!?」とか、

「なんでこれがわからないの!?」なんて思うことは、実は、

あなたの 人より秀でているところ なのだと思います。

 

全部をうまくこなせなきゃいけないわけじゃない。

得意なことを得意な人がやればいい。

 

あなたはあなたのままで完璧だし、

彼女も彼女のままで完璧。

それが、この世界に住む人みんなの前提になれば、

きっとこの世の中はとても平和な、幸せな世の中になっていくんだろうなあ~なんて思います。

 

でも、みんなの意識なんて変えることはできないから、

まずは自分・・・ですよね(^ ^)

 

・・・ということで、お知らせです。笑

自分のホロスコープを知りたい方は是非!星よみセッションへどうぞ~↓↓

<ただいま星よみセッション募集中です>

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まい*
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミチシルベ , 2018 All Rights Reserved.