~人生を旅するあなたへ~

双子座新月のホシシルベ*考えすぎは禁物

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

2020年5月23日 02:39

双子座で新月を迎えました●

☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

今日、新月からの二週間は「経済活動」「働く」という領域で考えることが多くなりそうです。

「これが天職だ!」と思っていた仕事が実はそうではなかったということに気づくこともあるかもしれませんし、もしくは同じ仕事をするにしても、これまでのやり方を根底から変えることになるかもしれません。

どちらにしても、これまでやってきたことを一度崩してまた新しく作り直す、というような出来事がありそうな予感です。

イマジネーションが無限に広がっていきそうな配置でもあるので、不安なイメージが湧いてくると、その妄想もどんどん拡がっていってしまうので、できるだけ、ポジティブに考えられる範囲で物事と向き合ってみてくださいね。

どう頑張っても、向き合った時に不安な気持ちしか出てこない時は、その問題を一旦手放してしまうのもありです。

むしろ、不安や恐れを感じたまま問題と向き合い続けることは、その状況にとっても、あなた自身にとってもプラスにならないので、手放してしまう方がうまくいきます。

少しでも、楽しい!と思えることをして、気持ちを上向きにしていきましょう^^
 

積み上げてきた何かが音を立てて崩れ去った気がして

暗闇の中 立ち尽くしていたとしても

必ずまた 朝は来る

 

新たな場所へ向かう前に

旧い場所とさよならするのは

当たり前の事
 

たとえ今胸が張り裂けそうになっていたとしても

いつか 今を振り返った時に必ず

それでも耐えて そこに立っていてくれた自分に

「ありがとう」を伝えたくなる

そんな日が必ず来るから

 
だから今は何も考えずに

この先なんて考えずに

また昇ってくる太陽の光を

ここで待とう
 

無理に笑おうとしなくても

どこか別の場所に行こうとしなくても

いい

 
今はただ

生きていて

まい*

この記事を書いている人 - WRITER -
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミチシルベ , 2020 All Rights Reserved.