~人生を旅するあなたへ~

2020 春分のホシシルベ*より良い未来へ

まい*
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まい*
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!まいです*

だんだん春らしい温かさが感じられる季節になってきましたね^^

さて、今年の春分は3月20日です!
春分は、太陽が12星座のスタートの星座である牡羊座に入る日であります◎

牡羊座に太陽が入るのは、2020年3月20日12:50頃。
この瞬間のチャートから、来年の春分までの時間がどんな流れになっているのか、少しみていきたいと思います◎

今回の春分図はこれだっ!

今回はチャートを見ながらぽつぽつお話してみるスタイルでいきたいと思いますー!

まず、パッと見て一番目が行くところは…私的にはやっぱりココです。。。

山羊座に固まった星たち。

火星、木星、冥王星、土星の4天体ですね。

この中でも、火星と木星がぴったりと重なっています。
これが何を意味するか、というと、

山羊座が表す、世の中社会の仕組みに対して、
火星が表す、情熱やる気攻撃性怒り を、
木星が、拡大する広げる

ふむ。

これをどう解釈するのか、そして、どんなふうにこの星の影響が出るのかは人それぞれ、ということになってしまうのですが・・・。

社会やこの世界への不満や怒りが膨らむ人もいれば、
『この社会をよりよくしていこう!』と、熱い想いで活動に打ち込む人もいそう。

で、さらにそこに徹底的な変容を表す冥王星も寄り添っているので、
根底からこの社会を変えていこうとするような動きも出てくるのかなあ、と思ったり。

ただ、やっぱりこの星の配置を見ると、行動の源が火星のエネルギーなので、
この1年は『怒り』のパワーには注意かな、という気はしています。
山羊座の火星はエネルギーも強いですしね。

火星は上にも書いたように、『怒り』だけでなく、『情熱』も表します。

だから、自分の行動が、

『こうなったらいいだろうな、やってみたいな!』という情熱からの行動なのか、
『こんな風であっていいはずがない!変えてやる!』という怒りからの行動なのか。

行動を起こす前に一度自分に問うことが大切ではないかと思います。

これは引き寄せの法則的な視点からの言葉ですが、
怒りから起こす行動は、どれだけ称賛されるべき行動であったとしても、最終的に怒りを呼んでしまいます。

だからこそ、行動を起こす前に一度立ち止まって、今自分はどのエネルギーの場に立って、行動を起こそうとしているのか、を考えてみることは、この1年、特に大事なんじゃないかな~。

また、この星々がいるのは6ハウス、という、労働や雇用、それから健康を表す場所。
(土星は対人関係を表す7ハウスですが・・・!)

この1年は『働き方』や『健康習慣』に、意識が向く人も多いのではないかと思います。

これも、人によって出方は違いますが、

「自分はどう働いていきたいのか。どんな生活スタイルを望んでいるのか。」

こんなことを自分に問い始め、生き方を変えていく人が多くなりそうです。

これまでなんとなく過ごしてきた時間、ひいては人生を、
『このままでは嫌だ、どんどん良いものに変えていきたい!』と願う人が多くなりそうです。

では、次に太陽の居場所を見てみたいと思います~~!

太陽は向上心や高い精神性を表す9ハウスに。

(赤い丸で囲んだ記号(=☉)が太陽です。)

この太陽は、精神性を表す9ハウスにいます。
9ハウスは海外も表します。

そして、山羊座の土星が、この太陽を支えている形になります。
(青い線!)

「人生を良いものに変えていきたい」「この先、こうなっていきたい」という想いを持って、理想(上)に向かってどんどん行動していきそうな太陽。
そんな太陽の手綱を土星が握っているようにも見えます。

行動をキツく縛っている感じではないですが、あらぬ方向へ行きそうになったら土星が引き戻しにかかりそうな雰囲気。

このあらぬ方向がどこなのか、というのはすごく難しい問題なのですが・・・
これまでの星の動きと社会の雰囲気を見ていると、やっぱり『あなたがやろうとしていることは、誰かの笑顔を生みますか?』ということかな、と感じます。

責任感や社会における協調性を表す山羊座に、土星や冥王星という重たい星々が入り、さらに拡大の星である木星が入っている今、自分に対して、そして相手に対して「不誠実」である、ということは星々からの軌道修正の対象になってしまうような気がしてなりません。

地から風へ。【目に見える】ものの価値

昨年の春分図も地のエネルギーが強かったですが、今年も地のエネルギーが強い・・・!
地のエネルギーは、物質や経済、肉体等、この世界における一番現実的なもの、【目に見えるもの】を司ります。
具現化する力、というのも地が司るものです。

地のエネルギーはまだまだ確かに強いのですが、今年の12月には、風の星座である水瓶座で、木星と土星がぴったり重なるグレートコンジャンクションという現象が起こります。

そんな時代の流れを先取りするかのように、土星が既存の社会を表す山羊座と、リベラルな新しい世界を表す水瓶座の間を行ったり来たりします。
(土星はさっそく今月22日に水瓶座に移動します。そして5月半ばに逆行を開始し、7月にはまた山羊座に戻ってきます。)

今在るものが新しいものに取って代わる時。
揺るがないように見えたものを変えるためには、やはり、大きな衝撃が伴います。
人間は変わる必要性を感じない限り、変われない生き物だから。

社会に関してもそうだし、個人レベルにおいての生き方・働き方、ひいては考え方や人生観もそう。
旧い考え方にしがみついたままだと、これからの時代を生きていくのは少し苦しくなってしまうかもしれません。

だからこそこの1年は、一人一人の価値観の変化が促される1年になるのではないかと思います。
それは、目に見えるものや変わらないと思っていたものが、根底から覆されることによって。

厳しい星廻りであることは確かですが、だからこそ学べることもたくさんあります。

社会全体を見回して何かを変えようとすると、自分の力のなさに虚しさを感じてしまう事もあります。
でも、自分の周りにある【目に見える】世界を変えることは、今この瞬間からできます。

だから、ここからの1年間は、誠実さと希望を心に持って、明るい未来を信じて生きていくことが大切。
自分の身の回りの【目に見える】世界を、どんどん明るいものへと変えていきましょう♡


ここからの1年が、実りある素晴らしい年になりますように*

まい*

この記事を書いている人 - WRITER -
まい*
太陽・月、共に射手座♐ 幼少期より、家でも舞台でも歌を歌い続ける、しあわせな毎日を過ごす。 しかし2013年以降、順風満帆だった人生に急に荒波が押し寄せてくる。 そんな日々の中でもがき、悩み、出会いと気付きを繰り返し、「幸せに生きるための宇宙の法則」を見つける。 さらに、ひょんなことから西洋占星術に出逢い、星の世界の扉を開く。 西洋占星術と宇宙の法則を組み合わせて、日々生き方を研究中*
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミチシルベ , 2020 All Rights Reserved.